ハッカソンやコンテストの優秀なものを行政で使う@00022


コメント数
1
評価P
5

コンテストで賞金を出すよりも、政府や自治体で使ってみてはどうでしょう。もちろん、必要な費用は負担して。そうすれば、実績もできるし、実際に使った課題も見つかるし、そうった簡易に導入する仕組みって難しいのですか?

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
5票賛成する 0票中立 0票反対する

投票をキャンセルする

100%
投票総数: 5
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(1)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

こういう小規模アプリみたいなものを導入する仕組みは、ベンチャー支援の仕組み等、活用できるものはあると思います。地方公共団体では、実際に優秀な提案を採用した事例もあるみたいです。
また、世界の政府は、英国のGDS、米国の18F、シンガポールのIDA Lab等、新技術やサービスを試行たり、自ら作る仕組み(体制や予算等)を最近次々と作っています。
いろいろな先行した取り組みを取り入れていくことは重要ですので、国内外の事例もみながら考えていきたいと思います。
ご意見ありがとうございました。

by 経済産業省アイディアボックス事務局さん
2016/02/23 07:37投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ