WebAPIを社会基盤として整備して欲しい@00010


コメント数
2
評価P
7

今年、営業日を算出するプログラムを作った経験からの提案です。

祝日は内閣府大臣官房総務課が所管しているのですが、
1月1日元旦、1月の第2月曜日成人の日などは日付が明確で、
計算で求めやすいのですが、振替休日が含まれると計算は一手間かかります。
また春分日、秋分の日は国立天文台が、毎年2月翌年日付を決めており、
これだけ幅広く使われる情報にも拘らず、明確に決まっていません。

(参考)「国民の祝日」について
http://www8.cao.go.jp/c.../shukujitsu/gaiyou.html

言うまでもなく、土日祝日は日本国民全員が必要な情報です。

企業の中では給与計算や営業日計算にて、必ず作られるプログラムの一つでもあります。
民間が提供している情報もあるのですが、サービス停止の可能性もあり、気軽に使えません。

利用対象者が広範であり、官庁が所管しているデータについては、
※住所(全国町字ファイルなど都道府県、市区町村、市町村合併情報)、
祝日、日本標準産業分類、日本標準職業分類、標準地位個コードなど
安定的に利用出来る社会インフラとして、
WebAPIにて国が情報の提供まで行って頂けると非常に助かります。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
7票賛成する 0票中立 0票反対する

投票をキャンセルする

100%
投票総数: 7
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

ご意見ありがとうございます。
WebAPIはまだ、府省のサイトで普及しているとは言えない状況です。
現在は、ニーズが高く、調達や制度などの日々データに変化があるものを優先して検討を行っているところで、年に一回など更新頻度の低い情報は、ファイルでの提供を優先している状況です。
「電子行政分野におけるオープンな利用環境整備に向けたアクションプラン」の一環でWeb見直しを行っており、その中でもAPIの検討を進めております。成功事例を作りながら進めてまいりますので、まだ時間がかかりますが、お待ちいただければ幸いです。

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#001
コメントありがとうございます。まずは出来るところからという気持ちわかります。
官民連携の進め方の議論に少しはみ出ますが、運用して頂けるなら、ソースコードを寄付したりも出来ますので、GitHub経由でオープンソースの寄贈を受け付けるなど、協力はしますので、民間リソースを活用する事で、もっと速度を上げて対応が出来る方法を模索して頂けると嬉しいです。
民間事業者としては、競争優位につながる開発にはコストをかけたいのですが、競争優位につながらない開発を日本全体でやっているという事は無駄だとしか思えないのです。

by たかさんさん (賛成)
2016/02/17 02:05投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ